So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

日本酒(その33)「2016年度 酒本銘酒頒布会 第12回 『花垣』」の件 [お酒]

Dsuke-Style_170624-1.jpg
 2016年度 酒本銘酒頒布会 第12回(5月) 「花垣 純米吟醸 「五百万石」 無濾過原酒 瓶貯蔵・冷蔵熟成 平成二十七年醸造 最終回 特別限定醸造酒」

 今回の頒布会酒の「花垣 純米吟醸無濾過原酒」は、地元福井県産「五百万石」を全量使用し、低温長期醪で吟醸造りをし、完全発酵させた逸品だそうです。

 解説書によると・・・この純米に、無濾過、無加水、瓶貯蔵、冷蔵熟成期間といった魔法をかけると、これほど美味しくなる!をコンセプトに、平成27年1月に上槽した「無濾過生原酒」を、そのまま瓶燗し、蔵元の冷温庫で約15か月熟成したそうです。

Dsuke-Style_170624-2.jpg 瓶燗火入れは、一升瓶のまま65℃の湯につけて加熱殺菌する方法で、風味を逃さず、貯蔵しやすく、そして、冷温でじっくりと熟成させることで、常温で熟成させるのとはまた違う、吟醸造りの繊細さを生かしたまろやかな「コク」がふくらみ、身上の鮮やかな「キレ」と抜群の調和をみせる・・・とのこと。

 「花垣 純米吟醸 「五百万石」 無濾過原酒 」のスペックは以下のとおりです。
 ・蔵元:有限会社南部酒造場(福井県)
 ・種類:純米吟醸
 ・原料米:五百万石
 ・精米歩合:60%
 ・アルコール度:19度
 ・日本酒度:+14
 ・酸度:2.0
 ・アミノ酸度:1.5
 ・製造年月:2017.5

【閑話休題】
  日本酒度+14で超辛口というのも気になるところ・・・

nice!(0) 

日本酒(その32)「2016年度 酒本銘酒頒布会 第11回 『竹雀』」の件 [お酒]

Dsuke-Style_170617-1.jpg
 2016年度 酒本銘酒頒布会 第11回(4月) 「竹雀 五年熟成山廃純米「五百万石」 無濾過瓶燗一回火入れ 瓶貯蔵 平成二十三年醸造 特別限定醸造酒」

 今回の頒布会酒は「竹雀(たけすずめ)」山廃二種飲み比べスペシャル!で、飲み比べといっても、2本届くわけではなく「雄町」と「五百万石」の選択です。

 山廃と言えば、生酛と同様に乳酸香が強く、芳醇で燗がうまい・・・という勝手なイメージがあります。

Dsuke-Style_170617-2.jpg 解説書によると、すでに5年熟成して「完熟」を迎えているが、「円熟」の域を味わうにはには、光を遮断して常温熟成するとよいとのこと・・・。

 蔵には既に在庫は無いようなので、「円熟」を楽しむなら手元にあるこの1本を熟成するしかないのですが、果たしてどうしたものか・・・。(-_-)ウーム・・・

 「竹雀 五年熟成山廃純米「五百万石」 」のスペックは以下のとおりです。
 ・蔵元:大塚酒造株式会社(岐阜県)
 ・種類:山廃純米
 ・原料米:山田錦(30%)・五百万石(70%)
 ・精米歩合:60%
 ・アルコール度:15度以上16度未満
 ・使用酵母:6号酵母
 ・日本酒度:+4
 ・酸度:1.5
 ・製造年月:2017.4

【閑話休題】
 そう言えば、今回の頒布会酒ですが、「円熟」を促すためか?1本入用の段ボール箱で届いてました。

nice!(0) 

Danner HOODRIVERリペアとSHADOWOOD購入の件 [その他]

Dsuke-Style_170610-1.jpg
 2013年にDannerのHOODRIVER(D-4002)を購入して丸4年が経つのですが、さすがにソールが減り、踵の内側が一部擦り切れてきたので、機会があればリペアに出そうと思っていたのですが、当然の如く町内にはDannerのリペアを受付けてくれる靴屋もなく延び延びなっていました。

 そんな5月の中旬に、娘の送迎の関係で釧路イオンに行く機会があり、そのモール内のABC-MARTイオンモール釧路昭和店でDannerのリペアを受付けていたので、ここぞと思い、たまたま履いていたHOODRIVERをリペアに出すことに・・・。

 ABC-MARTにDannerの取扱いがあるのも驚きましたが、そう言えば、Dannerは買収されて、現在ではABC-MART傘下なのを思い出しました。

 それはそうと、たまたま履いていたHOODRIVERをそのままリペアに出したもんだから、履いて帰る靴が無く、ついでにDannerのSHADOWOOD(D-219741)を購入しました。

Dsuke-Style_170610-2.jpg この靴の履き心地は、他のDannerとほぼ変わらないのですが、踵の作りがHOODRIVERに比べると薄くて若干硬い割に、ビブラムソールのゴム質は、Danner Light 2000やRed Wing The Irish Setter Sport Bootより柔らかい印象を受けました。

 リペアに関しては、ABC-MARTに伺ったのが日曜日という事もあり、工場に問い合わせなければ詳細は解らないとの事だったので、とりあえず内金として10,000円を預けて見積りを依頼してきました。

 翌日、ABC-MARTから連絡があり、工場に届いてから実際の状態を見てみないと正確には解らないと前置きした上で、ソール交換に13,000~16,000円、踵のスベリ革修理に1500円~必要な面積分、期間1ヶ月との連絡があったので、改めてリペアを依頼しました。

 後は出来上がりを待つばかりですが、どんな仕上がりになるのか?期待半分、不安半分と言ったところです。同じ靴に買い替えれば良かった…(´□`。)°゜。エーン!!、とならないことを祈ります。

 今までブーツに関しては、DannerはもちろんRed Wing・Chipewa・Tony Lamaなども履いてきましたが、1番履きやすかったのは、Danner Light 2000という6インチブーツでしたね~。

 そう言えば、ブーツに限らずリペアに出したいRegalなどの革靴は結構あったりします。

【閑話休題】
 今回使用した上記画像は、全てSHADOWOODの画像です。リペア後のHOODRIVERの画像は出来上がってきてから撮るとして、本当はリペア前の写真もあれば良かったのですが、急にリペアの依頼をしたものだから、リペア前の画像は無いのが残念。

nice!(0) 

日本酒(その31)「北の勝 純米大吟醸 壱参〇(イチサンマル)」の件 [お酒]

Dsuke-Style_170603-1.jpg
 北海道の道東は根室の酒蔵「碓氷勝三郎商店」より、創業130周年を記念して「北の勝 純米大吟醸 壱参〇(イチサンマル)」が数量限定(2300本)販売されました。

Dsuke-Style_170603-2.jpg 北の勝と言えば、新春恒例の幻の限定酒「搾りたて」が何かと話題に上りますが、「搾りたて」がアル添酒(醸造アルコール添加酒)なのに対して、今回の「壱参〇」は、純米大吟醸仕込みで、割り水加水なしの原酒のまま瓶詰めしたものです。

 北の勝にも「吟醸」や「大吟醸」もありますが、ほとんどがアル添酒で、純米酒と言えば毎年10月に限定販売される、その名も「純米酒」しかないので、そういった意味でも今回の「壱参〇」は希少かと思います。

 以下は箱書きです。
 「明治20年、初代碓氷勝三郎が此の地に酒造を拓き、爾来歴史の波に翻弄されつつも130周年を迎えるに至りました。ここに道産米吟風100%の純米大吟醸原酒に感謝の意を込めてお届けいたします。敬白」

 スペックを見ると、酒米として道産米の吟風を使っている点、日本酒度も+度の辛口が多い昨今、珍しく-2度と若干甘め?に設定している点が気になりましたが、アル添酒のような甘さではなく、ほんのり吟醸香がして飲み口は意外と軽い印象です。

 根室地方唯一の酒蔵で「限定販売」そして「純米大吟醸」となれば、買わないわけにはいかないでしょう。

 「北の勝 純米大吟醸 壱参〇」のスペックは以下のとおりです。
 ・蔵元:碓氷勝三郎商店(北海道:根室市)
 ・種類:純米大吟醸
 ・原料米:道産米吟風100%
 ・精米歩合:40%
 ・日本酒度:-2
 ・蔵出日:平成29年5月18日(木)
 ・価格:720ml 5,065円(税込)

nice!(0) 

TW-225Eのタイヤ交換の件 [その他]

Dsuke-Style_170527-1.jpg
 北海道では当たり前ですが、冬の間はオートバイに乗れません。

 我が家には物置もないので、冬期のOFFシーズン中は、懇意にしているオートバイ屋(motor cycle shop OASIS)にTWを預かってもらっています。

 2011年の5月にTWを中古で購入してから6年が経ち、さすがにタイヤのゴムが劣化しヒビが目立ってきたので、ONシーズンにそれ程乗るわけではないのですが、乗車中にパンクしても怖いのでタイヤ交換することにしました。

Dsuke-Style_170527-2.jpg そもそもTWの名前の由来はTrail Way(トレイルウェイ)の略で、道なき道を走破するアドベンチャーマシンをイメージしていることもあり、元々はオフロード車という事は知っていましたが、某トレンディドラマでキムタクがスカチューンのTWに乗って以来、2000年頃から亀甲パターンのオンロードタイヤを装着して販売されるようになるまではブロックタイヤが標準装備でした。

 元々はオフ車なんだから、オンもオフも走れた方が良いと思い、せっかくタイヤ交換の機会を得たこともあり、今回は原点回帰でブロックタイヤにすることに・・・

 何かちょっとワイルドになったような・・・アリだと思います。( ̄∇ ̄*)b グッ!

 交換したタイヤは以下の通りです。
 F:BRIDGESTONE TRAIL WING TW31 130/80-18 M/C 66P
 R:BRIDGESTONE TRAIL WING TW34 180/80-14 M/C 78P

【閑話休題】
 ちなみにBefore画像は「ヤマハ TW-225Eの件」を参照。

nice!(0) 
前の5件 | -