So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「エーデルピルス」の件 [お酒]

Dsuke-Style_180203-1.jpg
 ある日、ビックカメラ.comで探し物をしていたら、同サイト内のビック酒販でお酒の販売もしていることに気づき、気になっていろいろ物色すると、サッポロビールから「Edelpils(エーデルピルス)」というプレミアムビールがネット限定商品の数量限定で販売されていました。
Dsuke-Style_180203-2.jpg

 「~限定」と言う言葉には何かと目がない私は、ピルスナーグラス付ということもあり思わず2セットほど購入していたのでした。


 エーデルピルス(高貴なピルスナー)のエーデルビター(高貴な苦み)と称賛される苦みも、凡人の私には他のビールよりは濃い感じがするな~程度です。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


 とりあえず、おまけのピルスナーグラスに喜ぶ私でした。


 それにしても、「華みやび」といい「CLASSIC(クラシック)」といい美味いと思うビールはサッポロビールが多い気がする。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「バイカーズグラス」の件 [その他]


 思い返せば、中学2年の頃からメガネを使用していますが、40代後半にもなるとさすがに老眼も進んできました。

 現在使っているオークリーのブラケットは、2014年にフレームを通販で購入し、近所のメガネ屋でそれ以前に使っていたメガネのレンズと同じ度数のレンズを取付けてもらっただけなので、最後に視力調整したのは何年前だったか覚えていません。

 おまけに、オークリーのメガネはデザインは良いのですが、テンプルがストレート形状のため、フィッティングが甘く、かけ方によってはまつ毛がレンズに接触してレンズが汚れるし、頭を下げたときにフレームがズレて動くし(「OAKLEYのサングラス」の件参照)、4年弱も使えば細かい傷でレンズも黄ばんできました。

 次にメガネを作るときは、実店舗でちゃんと視力調整とフィッティングをして作らないと・・・と思いつつ延び延びになっていました。

Dsuke-Style_180127-3.jpg フレーム自体は、クリップオンでサングラスとしても使用できる物を探していて、候補としては「ルディプロジェクト」のキャブリオ辺りが妥当かなと思っていたのですが、もちろん地元のメガネ店で取扱があるわけも無く、どうするか思い悩んでいたところ、埼玉県川越市の「カニヤ」のバイカーズ・グラスというモデルに目が留まりました。

Dsuke-Style_180127-4.jpg フリップアップサングラスとしても使えて、テンプルの先の曲げ加工もできて、レンズカーブも5カーブなので曲がり過ぎず見やすく、何よりも「ルディプロジェクト」キャブリオのフリップアップサングラスがそのまま装着できるのが特徴です。

 正月明けの週末を利用して、埼玉県川越市の「カニヤ」さんに伺って視力調整とフィッティング共々購入してきたのですが、何せ軽いし明るい!メガネのレンズも遠近両用にしたのですが、思っていたほどの抵抗は無く、すんなり受け入れられました。

 そして、驚いたのは鼻あての素材です。今まではプラスチック?製で汗をかくと少なからず下がってきましたが、今回のはゴム?樹脂?製で触った感じも滑りにくい素材で鼻あての跡も付きにくく、他のメガネの鼻あても全てこのタイプに変えたいくらいです。

 唯一気になったのは、バイカーズグラスとフリップアップサングラスのレンズカーブの違いから装着時に多少隙間が生じることですが、サングラスを常用するわけではないので問題なし!

 何はともあれ、起床から就寝まで常用するものですから、快適であることが1番です!

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「防寒長靴・防寒ブーツ」の件 [SHOES]

Dsuke-Style_180120-1.jpg
 冬場の除雪などの外作業に欠かせないのが防寒長靴です。

 私が愛用しているのは、2011年12月に購入した「プロノ」オリジナルフェルトインナー防寒長靴です。

Dsuke-Style_180120-2.jpg 最近ではあまり見かけなくなりつつあるインナーが取り外せるタイプの防寒長靴なのですが、そのインナーがフェルト素材でできているのが特徴です。

 それまでは、「ダンロップ」のウレタンスポンジ素材のインナーの物を使っていたのですが、こちらは経年劣化で経たってくると、インナー自体が長靴の中で下がってくるし、汗がこもって靴下が濡れて足が冷たくなっていました。

 「プロノ」のフェルトインナーは汗がこもりづらく、かいたとしてもフェルトが吸収するので、足は常にドライに保たれて冷たくなることもありません。

 唯一の難点はウレタンインナーの物より若干重いことぐらいですが、何よりも滑りにくく、屋根の雪下ろしをしていても安心感があります。
 
 2011年12月に購入したので単純計算で6年経ってますが、若干ソールも減ってきて、グリップも弱くなってきたので、新調したかったのですが何故か売っていません。ヽ(´Д`;)ノアゥ
Dsuke-Style_180120-3.jpg
 販売元に問い合わせたところ、すでに廃番・生産終了商品となっており、その理由として、「原材料の価格高騰により販売価格を維持することが出来なくなってしまったというのが大きい要因となっております。」とのこと。個人的には良い物なら多少値上がりしても購入するんですがね~。

 こんなことなら、買置きしてストックしておくべきだったかな~。Σ(゚д゚lll)ガーン

 で、今回お試し購入したのが、南極探検隊も採用する「バフィン」のHUNTERという防寒ブーツ。カナダの防寒ブーツ専門メーカーのバフィン社製で、インナーもウール・フェルト・アルミチタニウムコーティングされた3層構造で取外しOKなのでプロノ製よりもパワーアップした感じで期待大!

 お値段はプロノの倍くらいしますが、良ければ買置きストックしておくかもしれません。d(゚ー゚*)ネッ

【閑話休題】
 しばらく使ってみた感想です。足が冷たくならないのは当然で、ドライ感はプロノ以上!それに細かい事ですが、フィットしている割には脱ぐときに靴下が下がらないのがいいね!





nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電気製品(その4)「BRAUN Series3 310s wet&dry」の件 [電気製品]

Dsuke-Style_180106-1.jpg
 シェーバーを新調しました。

 以前使っていたシェーバーは、私が20歳位?の時に叔母からプレゼントされたもので、相当古く充電も効かなくなって、常時コンセントに繋げていないと髭がそれない代物で、常に新調しようと思いつつ、後回しになっていました。

 幸いにも髭が薄い私はそれで事足りていたのですが、刃も替えたことが無いので、さすがに髭を剃るとヒリヒリしていたところ、町内の某デパートの新春の初売りで、ラッキーなことに限定10台3000円のうちの1台にありつきました。

Dsuke-Style_180106-2.jpg wet&dryと謳っているくらいですから、防水設計なので風呂剃りでシェービングクリーム等も使用可能とのこと・・・ですが、私は風呂で髭を剃るなら迷わず剃刀を使いますよ。

 当たり前ですが、20数年前のシェーバーとは違い、明らかに剃り味は滑らかでお肌には優しい感じです。( ̄∇ ̄*)b グッ!

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「スピードスケート」の件 [その他]

Dsuke-Style_171230-1.jpg
 道東の冬のスポーツと言えば、スピードスケートです。

 道央や道南では冬の体育の授業はスキーだったりするようですが、道東ではスキー場自体が閉鎖傾向にあるので、昔のように近場のスキー場に気軽に出かける環境は無くなりつつあります。

 各小中学校のグラウンドには大抵スケートリンクがあり、冬の体育の授業は決まってスピードスケートで、我々夫婦はもちろん、娘も当然に幼稚園の年長からスピードスケートを始めています。

Dsuke-Style_171230-2.jpg 始めた当初はペンギン歩きくらいしかできませんでしたが、小学2年生にもなれば、そこそこ滑れるようになってきます。

 実は私も昔取った杵柄じゃないですが、恥ずかしながら、小学生の頃は「スケート少年団」に入団していたりしたものですから、娘のスケートの練習相手くらいは何とか務まりますが、35~6年ぶりのスケートは、リンクを10周もすれば足腰は悲鳴をあげます。(#+_+)イタヒ

 娘は意外とスケートが好きなようで、リンクに連れて行くと楽しそうに滑っているので、試しに「スケート少年団に入る?」と聞くと「嫌!」と即答します。

 スキーなら大人になっても滑る機会がありますが、スケートはまったくありません(現に私も35~6年ぶりです。)ので、無理強いはしませんが、人並みに滑れるようにはなってほしいものです。

 まぁ、滑れないよりは滑れた方が良いのは間違いありませんが、私がスケートをやっていて良かったと思える時は、こうして娘とスケートを滑る時のみですね~。

 因みにうちの嫁もそこそこ滑れるので、スケートをするときは家族全員で滑ります!( ̄∇ ̄*)b グッ!

【閑話休題】
 余談ですが、小学2年生の娘の足のサイズは19.5cmで、スケートは従妹のお下がりで20cmを使用しているのですが、町内のスポーツ店のシーズンレンタルのスケートで勧められるサイズは何故か21cmです。

 娘もそうでしたが、大きいサイズに良いことは無く、スケート靴の中で足が遊んでブレードの上にちゃんと立てないばかりか靴擦れになったり、上手く滑れなくて結果的にスケートが嫌いになってしまいます。

 娘のお友達を見ていても、スケートのサイズが大きすぎると感じる子がたくさんいるのが気になりました。

 スケートのシーズンはせいぜい3か月なので、スケートをシーズンレンタルするなら、足の成長を見越すより、今のサイズに合っている物をレンタルした方が良いと思いますよ。d(゚ー゚*)ネッ

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -