So-net無料ブログ作成

「パーク&トレイン」の件 [その他]

Dsuke-Style_170826-1.jpg
 最近、老眼が掛かってきているせいか、車の長時間の運転をためらうようになってきました。

 8/23に帯広で、5年に1度の宅地建物取引士(いつの間にやら「主任者」から「士」に格上げ?されていた。Σ(゚Д゚;))の法定講習があったのですが、法定講習の会場がJR帯広駅前のホテル日航ノースランド帯広だったので、釧路からJRで行くことにしました。

 中標津町にも以前は鉄道が通っていたのですが、国鉄からJRに変わる時(私が高校3年生になる時)に赤字ローカル線で廃止されてしまいました。

Dsuke-Style_170826-2.jpg 今となっては、鉄道に乗る機会もほぼ無いので、今回は釧路まで車で行って、後はゆっくりJRで駅弁でも食べながら・・・などと思っていたのですが、行きはホームでの駅弁の販売は無いし、車内販売があるかと思いきやそれも無く、帰りは法定講習が若干早く終わったので、早い便への乗換手続きで時間的余裕も無く、結局楽しみにしていた駅弁を食べそびれてしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 まぁ、それはそれとして、今回は「往復乗車券」+「往復特急券」を購入することによって、JRの駐車場の利用料が1日300円となる「パーク&トレイン」を利用しました。

 具体的な利用方法は、当日、
 ①JRのパーク&トレイン専用駐車場の駐車券を取って車を駐車する。
 ②その「駐車券」と「往復乗車券」+「往復特急券」を改札口の駅係員に提示して、「駐車券」に証明をもらう(と言っても何かの機会に通しただけで、駐車券に何か記載されるわけではない)。
 ③帰ってきたら、駐車場出口で精算する。

 証明を受けていなければ1時間500円となり、今回は6:30頃から20:30頃まで駐車したので、計14時間×500円=7,000円のところ1日300円で済むのだから使わない手は無い。

 鉄道料金は、釧路-帯広間の往復乗車券:4,980円、往復特急券:4,640円(指定席)、駐車料金:300円の合計9,920円でした。

 今回は、帯広日帰り+法定講習(10時~17時)という強硬スケジュールだったので、4:30自宅出発の20:30帰宅となりましたとさ。オツカレ──㌧㌧(-ω-疲)p(q・ω・`)㌧㌧──サマデシタッ

【閑話休題】
 法定講習も、居眠りすることなく無事こなして、新しい宅地建物取引士証に更新していただきました。(`∀´)v

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Bicycle(その15)「Kabuto ペットボトル対応ケージ(PC-2)」の件 [Bicycle]

Dsuke-Style_170819-1.jpg
 以前、「Bicycle(その10)「ペットボトルケージ」の件」でペットボトル用のケージを紹介したのですが、最近になって私の興味を引くペットボトルケージを見つけました。

 KabutoのPC-2というペットボトル対応ケージで、「Bicycle(その14)「KAPELMUUR ノワール ヘルメット」の件」でKabuto製のヘルメットを購入して以来、何となくKabuto好きです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 クイックキャッチでカンタン着脱できる・・・と謳っていて、クイックキャッチ=ペットボトルのキャップの下の部分を挟み込むように固定する方法を指すのだと思いますが、これが思っていた以上にしっかり固定されるので、今までのように振動でズレたりすることもありません。

Dsuke-Style_170819-2.jpg しかしながら500mlのペットボトル専用で、特殊な形状のペットボトルには使えないようです。

 デザインも使い勝手も良いのですが、価格が1450円(税別)ということもあり、正直、仕上げの塗装も安っぽい感じがしますし、材質も樹脂製なので、劣化して割れる可能性もあり、耐久性に若干不安が残ります(個人的には、多少高価でもカーボン製が良かったな~)。

 自転車に乗る目的も相変わらず「気分転換」と「健康維持」のチョイ乗り程度なので、ペットボトルケージで十分なのですが、シートチューブ側はツール缶に使用しているので、そのうちに、こちらもKabuto製にしようかと思います。

【閑話休題】
 Cannondale Synapseにケージの取付穴で固定すると、シートチューブ側のケージと干渉するので、現物合わせで、上方に約2cm移動する箇所に取付穴を開けて固定したのですが、この時ばかりは材質が樹脂製で助かりました。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「キミノオンコ(黄実のオンコ)」の件 [その他]

Dsuke-Style_170812-1.jpg
 我が家の庭には、普通は赤い実を付けるのですが、黄色い実をつける「キミノオンコ(黄実のオンコ)」という樹高30cm位のイチイの木の幼木があるのですが、今年の2月ころ除雪中に誤って枝を折ってしまいました。

Dsuke-Style_170812-2.jpg 「キミノオンコ」は道東では珍しいので、苗木を購入後、数年前に庭に下ろしてからは、除雪時には特に気をつけていたのですが、樹高よりも高く積もった雪の除雪を面倒くさがって「際まで除雪機で除雪してから手で除雪・・・」なんて思っていたら、枝をひっかけてしまったのです。(ノД`)・゜・。

 幸いにも、雪が解けて暖かくなると、新芽が伸びてきたので、枯れてはいないことが分かって一安心でしたが、実家の前の歩道沿いに植えてあった背の低いオンコは、冬季間の町の除雪作業で、大型の除雪機に何度も引っかけられて巻き込まれているうちに枯れてしまいました。

 そして、引っかけて折ってしまった枝ですが、そのまま処分するのも何なので、試しに水に挿しておいたところ、水を吸い上げて新芽が伸びてきたので、2~3日おきに水を換えていたら、5か月ほど経ったある日、水面近くから発根してきました。オオーw(*゚o゚*)w

 災い転じて福となす・・・というわけではありませんが、「実」から発芽させて育てるのは難しいので、うれしい誤算でした。

 秋になったら、庭の邪魔にならないところに下ろしてみようと思います。

【閑話休題】
 我が家もそうですが、実家の庭にも大小様々な庭木があるのですが、そろそろ剪定しないと育ちすぎて手に負えなくなりそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「Premium YEBISU 華みやび」の件 [お酒]

Dsuke-Style_170805-1.jpg
 「YEBISU(ヱビス)」といえば、私の中では、他のビールと比べると何となく異質な感じのするプレミアムビールという印象が強いのですが、そんな「YEBISU(ヱビス)」から大手ビールメーカーでは珍しく、上面発酵のホワイトビール、「華みやび」が発売されました。

 ビールにわかファンである私の覚えたての浅薄な知識では、「上面発酵=エールビール」なので、とりあえずお試し購入。

 ホワイトビールとは、普通は「ホップ+大麦」で醸造されるところ、それに多くの割合で「+小麦」を加えて醸造されたビールだそうです。..._〆(゚▽゚*)

Dsuke-Style_170805-2.jpg 味わいはフルーティーそのもの!飲んでビックリ、なんとバナナ風味です!苦いだけがビールではないと改めて知りました。

 因みに、私はサッポロビールの回し者ではありませんが、今なら「ヱビスオリジナル バカラグラス<ペア>プレゼントキャンペーン」(2017年11月13日(月)当日消印有効)もやってます。

 価格はオープン価格ですが、町内の某スーパーでは1箱:5,292円(税込)だったので、1本:220.5円になりますが、これは他のクラフトビールと比べてもリーズナブル!

 う~ん、これは美味くて面白い!めくるめくビールの世界にハマりそうです。

【閑話休題】
 っていうか、「YEBISU(ヱビス)」ってサッポロビールブランドだったんですね~。恥ずかしながら、そんなことも知りませんでした。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー