So-net無料ブログ作成

PC(その9)「ビデオカードの交換」の件 [PC]

Dsuke-Style_170923-1.jpg
 ここ1~2か月ほど前から、自作PCのモニター画面にブロックノイズというかモザイクタイルというか、とにかくモニターの表示が乱れて、いきなりPCの電源が落ちたり、再起動したりするようになって、その頻度が日増しに増えてきました。

 何となくですが、「そろそろビデオカード(ATI製 Radeon HD 4800 Series)が逝くのも時間の問題かな~」と思って、新しいビデオカード(ELSA製 GeForce GT 730 LP 1GB)を注文したところ、それを察してか?、商品が届いた翌日にとうとう正常起動しなくなりました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

Dsuke-Style_170923-2.jpg 事前に検索していたビデオカード交換の手順としては・・・
 ①古いビデオカード関連のApp及びドライバ類を削除する。
 ②ビデオカードを交換する。
 ③新しいApp及びドライバをインストールする。
 で良いと思うのですが、交換時は電源は入るが正常起動しなかったので、①は実行できませんでした。

Dsuke-Style_170923-3.jpg ②のビデオカード交換後、無事に正常起動したのですが、その時のデバイスマネージャのディスプレイアダプタには、事前に確認して交換前に削除しようと思っていた、ATI製のドライバは見当たらなくなっていて、Windowsのドライバ?の表示しかありませんでした。

 その後、③を実行したのですが、添付のドライバCDではWindows10用のドライバが無く、ELSAのホームページからダウンロードし、インストールして終了・・・のはずが、最初は上手くインストールできず、何度か再起動してインストールを試みているうちに何とか終了。ε-(´▽`) ホッ

 PCでゲームをするわけでもないので、今回はELSAのエントリーモデルにしたのですが、カード自体もコンパクトで補助電源が要らないタイプなので、今までほど発熱の心配もなく、PCケースの中もスッキリしました。

 これまでの「ATI製 Radeon HD 4800 Series」と比べて、今回の「ELSA製 GeForce GT 730 LP 1GB」は表示速度が若干遅くなったような気はしますが、動画の再生等は見劣りする感も無いので、これでもうしばらく延命できそうです。( ̄∇ ̄*)b グッ!

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PC(その8)「Windows8→Windows10へのアップグレード」の件 [PC]

Dsuke-Style_170311-1.jpg
 私が自宅で使用しているWindows機及び仕事で使っているiMacでBootcamp越しに使っているWindowsのそれぞれのOSはWindows8です。

 その後Windows8.1、Windows10とリリースされているので、単純に2世代前のOSを使用していることになります。

 Windows8のサポートは2016年の1月13日に終了していることもあり、ボチボチWindows8もアップグレードしなければならないので、とりあえず自宅で使用しているWin機のOSを試しにWindows10にしてみることにしました。

 私が自宅で使用しているWin機は自作PCで、もともとはWindowsXPでしたが、WindowsXPのサポート終了を受けてWindows7そしてWindows8にしたのに、Windows8もサポートを終了してしまったので、とうとうWidows10の出番となったのですが、自作PCを作った当時はこんなにOSをアップグレードするとは思ってもいませんでした。(;´д`)トホホ

 Windows8から直接Windows10にアップグレードはできない(Windows8.1からのアップグレードは可能)ので、新規インストールとなり、データのバックアップ等が若干面倒でしたが、インストール自体は問題なくできました。(思い返せば、確かWindows8→Windows8.1の時も新規インストールしかできなくてアップグレードを止めた記憶があります。)

Dsuke-Style_170311-2.jpg 今まではパーテーションを区切って、WindowsXPとWindows8のデュアルブート仕様にしていたのですが、今回はWindows10を新規インストールをすることもあり、パーテーションを1つにまとめてインストールしました。

 で、Windows10を使ってみた感想ですが、Windows8まではストレスなく使えていた自作PCでしたが、さすがに動作が重い・・・。Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

 使い慣れていないことや、不要な機能を制限すれば少しは改善されるのかもしれませんが、Windows10を今後ストレスなく使うには、4Gのメモリ容量では少なすぎると思ったので、メモリ容量を8Gに容量アップしたところ、比較的ストレスなく使えるようにはなりました。ε-(´▽`) ホッ

 とりあえず、Windows8でこなしていた各種作業等はWindows10でもこなせるし、今のところ特に不便も感じないので、これで暫く様子を見たいと思います。

【閑話休題】
 因みに増設したメモリはUMAX Pulsar DDR2-800 (1GB×2) 240pinで、プロダクトキーは手元にあったWindows7のものでOKでした。


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PC(その7)「iPadのブラウザアプリで広告ブロック」の件 [PC]

 (注):写真オンマウスで、加工前写真を表示します。d(゚ー゚*)ネッ

 私はiPadでブラウジングすることはあまりないのですが、ある日、自分のブログをチェックしようとブログを閲覧したら、画面下部にポップアップ広告が表示されているのに気づきました。(・・。)ん?

 PCでブラウジングする時には表示されないので今まで気づきませんでしたが、iPadでブラウジングすると何故か表示されます。

Dsuke-Style_161029-3.jpg そのポップアップ広告がさりげなくじっと表示されているならまだしも、まとわりつくように執拗に追跡表示されるので、落ち着いてブログもチェックしていられず、だんだんと不愉快になり、気がつくと「どうにか消せないものか?」調べ始めていました。ε=(怒゚Д゚)ノノ ゴルアァアァアァアァアァ!!!!!

Dsuke-Style_161029-4.jpg 巷ではコンテンツブロッカーなるアプリでポップアップ広告をブロックするのが一般的のようですが、今回はブラウザアプリでどの程度ブロックできるか試しました。

 まずデフォルトの「Safari」では、設定→Safari→詳細→JavaScriptをOFFにすることで、ポップアップ広告は非表示になりましたが、一部必要なものまで非表示になってしまいますので便利ではありません。

 次にMacやWinでも使用している「Firefox」ですが、通常ではポップアップ広告は表示されますが、「PCサイトモード」という機能があり、このモードにするとポップアップ広告は表示されません。

 最後に、「Sleipnir」ですがブラウジング初めに「公告をブロックしました」という表示が出た後は、何事もなくポップアップ広告は表示されません。( ̄∇ ̄*)b グッ!

 Firefoxでも表示されなくなりますが、「PCサイトモード」に切替えるまでは表示されることを考えると、最初から表示されないSleipnirに軍配が上がります。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 「iPadで自分のブログを閲覧する時に表示されるポップアップ広告」に限っての対策ですので、他はどうなのか解りませんが、とりあえず、Sleipnirで問題なくブロックできるので良しとします。

 因みに、「Safari」はもう使わないので削除しようと思ったら、Apple純正アプリは、アプリを長押ししても「×」が表示されず消すことはできないので、設定→一般→機能制限で機能制限設定(機能制限パスコードを設定)することで、Safariを非表示にできました。

【閑話休題】
 最上段の画像はSleipnirでの表示で、中段の画像はFirefox PCサイトモード OFF(楕円の白丸部分がポップアップ広告)、下段の画像がFirefox PCサイトモード ONでの表示画像です。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PC(その6)「PCのWiFiルーター化」の件 [PC]

 (注):写真オンマウスで、加工前写真を表示します。d(゚ー゚*)ネッ

 我が家のインターネット環境は無線LAN付のルーターでWiFi接続できるようになっていることは、以前紹介しました。一方、我が職場である事務所のインターネット環境は有線LANしかありません。

 私のiPad(第4世代)はWiFi搭載機なのですが、Cellularモデルではないので、それ自体ではインタネーットに接続することができず、WiFi環境がなければ使い物になりませんし、私の携帯は未だにガラケーなので、当然テザリング機能を使ってスマホ越しにインターネットに接続・・・なんて芸当はできません。ヽ(´Д`;)ノアゥ

 iPadを仕事で使うことは無いのですが、たまに事務所に持参した時には、有線LAN端子が無いiPadではインターネットにも接続できず、事務所にWifi環境が無いことにもどかしさを感じることがあります。

 そんな時にWiFiの機能付のPCをWiFiのルーター代わりにできたら便利だと思ったのが事の始まりです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 まず調べてみて解ったことは、PCをWiFiルーター代わりにする事をSoftAP(ソフトウェア・アクセス・ポイント)という事、WindowsではこのSoftAPをWin7からサポートしていて、このSoftAPを利用するにはコマンドプロンプトを利用してするという事でした。..._〆(゚▽゚*)

 WiFi環境が無い状況で緊急避難的にSoftAPを利用したい時に、わざわざコマンドプロンプトでプログラムを書くのは面倒なので、Virtual Router(バーチャル・ルーター)というソフトを利用することにしました。

 設定自体はNetwork Name (SSID):ネットワーク名とPassword:パスワードを決めてShared Connectionをイーサネットにして右隣の更新・決定?ボタンをクリックしてからStart Virtual Routerボタンをクリックするだけ。

 後はiPadのWiFi設定でSSIDを編集してパスワードを設定すればOK。使ってみたけど意外と便利ですし、事務所でのiPad使用時のみ限定という用途ではこれで十分です。( ̄∇ ̄*)b グッ!

 ちょっと気になったのは、Shared Connection:でPCのインターネット接続方式を選択するのですが、Start Virtual Routerのボタンをクリックする前に、その都度、横の更新・決定?ボタンをクリックしないとiPad側で上手く192.・・・から始まるIPアドレスを取得することができないようでした。..._〆(゚▽゚*)

【閑話休題】
 事務所で仕事に使用しているPCはiMacなのですが、仕事で使用するソフトがWindowsしか対応していないものがあるので、BootCampを使ってWin8も起動できるようにしているので、今回はWin8側で実験してみました。(;'∀')

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PC(その5)「自宅PCのキーボード」の件 [PC]

 (注):写真オンマウスで、加工前写真を表示します。d(゚ー゚*)ネッ

 私が事務所で使用しているiMacのキーボードは、純正のApple Wireless Keyboard(A1314)ではなく、有線のApple Keyboard (A1243)です。

 仕事がら文書作成業務が多いので、テンキーがあると何かと便利ですし、何と言ってもキータッチが気に入ってます。

 そのキーボードを使用する事務所の机は広いので、キーボードの手前にA4サイズの書類を開いてもさほど困らないのですが、自宅で使用しているPC(自作のWin機)を置いてある作り付けの机は奥行きがあまりないので、キーボードの手前にA4サイズを開いて・・・と言うわけにはいきません。

Dsuke-Style_160618-3.jpg おまけにiMacのようにモニターの下にキーボードを収めることもできないため、PC以外で机を使用する時には意外と手狭に感じていました。

 一時期ワイヤレスのキーボードを使用していた時期もありましたが、ワイヤレスだと電池が減ってくるとどうしても感度が悪くなったり、そもそもPCの電源を入れてOSが起動するまでは全く使用できず、起動途中にF8を押してセーフモードに・・・という事ができないので意外と不便でした。(;'∀')

 そんな時に見つけたのが、オウルテックのOWL-KB109STD(B)/J [USB・PS/2接続 カナ有り日本語109キーボード タテ置きスタンド付き ブラック]です。

 キータッチはApple Keyboard (A1243)に及びませんが、このキーボードの何が良いって、タテ置きできるところです。ありそうで意外とありません。

 たかが机の奥行きが10cm弱広く使えるようになるだけなのですが、PCを使用しないときにはモニター前に立てて収納して置けるので、机の手前も比較的広く使えるようになりました。

 ちょっとしたことですが、結構効果的でした。( ̄∇ ̄*)b グッ!

  

nice!(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット