So-net無料ブログ作成

「KOIZUMI ダブルファンドライヤー」の件 [その他]

Dsuke-Style_170916-1.jpg
 最近、我が家のドライヤーを使っていると、パチパチ火花が飛ぶような音がするようになったので、買い替えることにしました。

 さすがに、安物は耐久性に問題があると思ったのと、うちの家族は全員毛量が多いので、とにかく大風量の物にしようと思って、町内のK電気で比較検討して、KOIZUMIの「ダブルファンドライヤー(KHD-W710)」にしました。

Dsuke-Style_170916-2.jpg 「ダブルファン」という名の通り、送風ファンが2枚付いていて、その動作の様子が外側の窓から確認できるのですが、まるでターボチャージャーのタービンが回転しているような、その様子だけでも大風量であることを予感させます。

 今まで至近距離でドライヤーを当てると、意外と熱量があって、手が熱くなったりするのは当然のことだと思っていたのですが、このドライヤーは大風量のせいか?それほど熱くなりません。

 小学校2年生になった娘のお風呂上がりの髪を乾かすのに、以前と比べて、手も熱くならないし、髪も必要以上に痛まないし、時短になるし、とりあえず言うこと無しです。( ̄∇ ̄*)b グッ!

 そして、ドライヤー売り場で発見した、イノマタ化学株式会社の「ドライヤーホルダー(品番:2920)」がこれまた優れもので、洗面所で何かとかさばるドライヤーを西部劇で登場するガンマンの拳銃のホルスターのように収納しておけます。

 ある意味このドライヤーホルダーを使いたくてドライヤーを新調したと言っても過言ではありません(いや、言い過ぎか?)。

 いずれにせよ、洗面所の使い勝手が、以前より快適でスッキリしたことに間違いありません。

【閑話休題】
 「MONSTER]」というロゴもさることながら、商品名に「ホルダー」と付くと、何故か気になる今日この頃です。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「キリン淡麗 2017年春の全プレキャンペーン」の件 [その他]

Dsuke-Style_170909-1.jpg
 9月に入ったある日、叔父に「キリン淡麗極上生 飲みごたえ 実感セット」なる物をいただきました。

 なんでも、「キリン淡麗 極上生 応募者全員プレゼントキャンペーン」に応募して送付されてきた、淡麗極上〈生〉専用泡サーバーと淡麗極上〈生〉オリジナルジョッキのセット商品とのこと。

 要は、缶ビールの飲み口に取り付けるタイプの泡サーバーで、早速使ってみたところ、「泡サーバー」というだけあって、確かに泡がきめ細かくクリーミーでマイルドな口当たりで良い感じです。

 ビールの泡は、炭酸が急速に抜けたり、香りが一気に出てしまったり、空気との接触で酸化したりすることを防いで美味しさを守っていて、泡には液体よりもビールの苦みが強く残るので、味のバランスを整えるには、泡のバランスが重要だそうです。

Dsuke-Style_170909-2.jpg ビールをグラスに注ぐときに、泡がたたないようにゆっくりビールを注ぐと、炭酸がまったく放出されないので、おいしい泡はグラスの上層部でなく、胃の中でできてしまい、結果的に腹が張ってしまいます。

 つまり、ビールの泡を作った方がお腹がパンパンに張ることなく、しかもビール本来の味を楽しめるということになるようです。..._〆(゚▽゚*)

 美味しいビールの注ぎ方にも、それなりのテクニックが必要なようですので、この泡サーバーは手軽ですし「使える!」かと思います。

【閑話休題】
 「淡麗極上〈生〉専用泡サーバー」と銘打ってますが、他の缶ビールにも使わない手はありません。( ̄∇ ̄*)b グッ!

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「トミカ」の件 [その他]

Dsuke-Style_170902-1.jpg
 お盆休みの事なのですが、家族で「カーズ3」というディズニー映画を見てきました。

 小学2年生になった娘のリクエストだったのですが、以前はプリキュアだったのに、最近はディズニーアニメがお気に入りのようです。

 映画が終わった後で買物をしたのですが、娘が玩具屋さんでカーズ3のトミカのミニカーを見つけたので、お土産代わりに3台ほど購入!

Dsuke-Style_170902-2.jpg そして、トミカのラインナップを見ているうちに、懐かしさとコレクターの血が騒ぎ、思わず「トミカプレミアム」シリーズを3台購入!ついでにトミカディスプレイスクウェアなる小さなディスプレイケース(6台収納)も購入して飾っておくことに・・・。

 今あればかなりのコレクションになったはずなのに、子供の頃持っていた結構な数のミニカーは、実家に残しておいたはずが、いつの間にやら親戚の子供たちに渡ってほとんど残っていません。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 今となっては「ミニカー大百科」なるトミカの本を眺めながら、持っていたトミカを懐かしむのが関の山。

 トミカの公式サイトを見ると、一時期「コレクションしようかな~」と思って3台ほど購入した、「トミカリミテッド」シリーズも2013年6月に販売終了となり、現在では「もしもトミカが昭和30年代に誕生していたら・・・」というコンセプトの「トミカリミテッドヴィンテージ」シリーズしかなくなっていました。

 今回、2015年4月に新たにハイディティールコレクションモデルの「トミカプレミアム」シリーズが加わったことを知った私は、トミカコレクション熱が再燃しそうです。

【閑話休題】
 不思議なことに、ミニカーを買う時はいつも、何故か“3台”単位です。ヽ(~~~ )ノハテ??

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「パーク&トレイン」の件 [その他]

Dsuke-Style_170826-1.jpg
 最近、老眼が掛かってきているせいか、車の長時間の運転をためらうようになってきました。

 8/23に帯広で、5年に1度の宅地建物取引士(いつの間にやら「主任者」から「士」に格上げ?されていた。Σ(゚Д゚;))の法定講習があったのですが、法定講習の会場がJR帯広駅前のホテル日航ノースランド帯広だったので、釧路からJRで行くことにしました。

 中標津町にも以前は鉄道が通っていたのですが、国鉄からJRに変わる時(私が高校3年生になる時)に赤字ローカル線で廃止されてしまいました。

Dsuke-Style_170826-2.jpg 今となっては、鉄道に乗る機会もほぼ無いので、今回は釧路まで車で行って、後はゆっくりJRで駅弁でも食べながら・・・などと思っていたのですが、行きはホームでの駅弁の販売は無いし、車内販売があるかと思いきやそれも無く、帰りは法定講習が若干早く終わったので、早い便への乗換手続きで時間的余裕も無く、結局楽しみにしていた駅弁を食べそびれてしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 まぁ、それはそれとして、今回は「往復乗車券」+「往復特急券」を購入することによって、JRの駐車場の利用料が1日300円となる「パーク&トレイン」を利用しました。

 具体的な利用方法は、当日、
 ①JRのパーク&トレイン専用駐車場の駐車券を取って車を駐車する。
 ②その「駐車券」と「往復乗車券」+「往復特急券」を改札口の駅係員に提示して、「駐車券」に証明をもらう(と言っても何かの機会に通しただけで、駐車券に何か記載されるわけではない)。
 ③帰ってきたら、駐車場出口で精算する。

 証明を受けていなければ1時間500円となり、今回は6:30頃から20:30頃まで駐車したので、計14時間×500円=7,000円のところ1日300円で済むのだから使わない手は無い。

 鉄道料金は、釧路-帯広間の往復乗車券:4,980円、往復特急券:4,640円(指定席)、駐車料金:300円の合計9,920円でした。

 今回は、帯広日帰り+法定講習(10時~17時)という強硬スケジュールだったので、4:30自宅出発の20:30帰宅となりましたとさ。オツカレ──㌧㌧(-ω-疲)p(q・ω・`)㌧㌧──サマデシタッ

【閑話休題】
 法定講習も、居眠りすることなく無事こなして、新しい宅地建物取引士証に更新していただきました。(`∀´)v

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Bicycle(その15)「Kabuto ペットボトル対応ケージ(PC-2)」の件 [Bicycle]

Dsuke-Style_170819-1.jpg
 以前、「Bicycle(その10)「ペットボトルケージ」の件」でペットボトル用のケージを紹介したのですが、最近になって私の興味を引くペットボトルケージを見つけました。

 KabutoのPC-2というペットボトル対応ケージで、「Bicycle(その14)「KAPELMUUR ノワール ヘルメット」の件」でKabuto製のヘルメットを購入して以来、何となくKabuto好きです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 クイックキャッチでカンタン着脱できる・・・と謳っていて、クイックキャッチ=ペットボトルのキャップの下の部分を挟み込むように固定する方法を指すのだと思いますが、これが思っていた以上にしっかり固定されるので、今までのように振動でズレたりすることもありません。

Dsuke-Style_170819-2.jpg しかしながら500mlのペットボトル専用で、特殊な形状のペットボトルには使えないようです。

 デザインも使い勝手も良いのですが、価格が1450円(税別)ということもあり、正直、仕上げの塗装も安っぽい感じがしますし、材質も樹脂製なので、劣化して割れる可能性もあり、耐久性に若干不安が残ります(個人的には、多少高価でもカーボン製が良かったな~)。

 自転車に乗る目的も相変わらず「気分転換」と「健康維持」のチョイ乗り程度なので、ペットボトルケージで十分なのですが、シートチューブ側はツール缶に使用しているので、そのうちに、こちらもKabuto製にしようかと思います。

【閑話休題】
 Cannondale Synapseにケージの取付穴で固定すると、シートチューブ側のケージと干渉するので、現物合わせで、上方に約2cm移動する箇所に取付穴を開けて固定したのですが、この時ばかりは材質が樹脂製で助かりました。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー